Upside Down

ulhiker.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 22日

11/20 塔ノ岳

a0125603_1011319.jpg


会社の同僚と塔ノ岳へ

6:50に渋沢駅集合であったが寝坊をしていまい、1時間の大遅刻。。。
同僚には先に行ってもらい、1時間遅れで大倉をスタート。
頂上までに追いつこうと全力で歩く。

11月20日 8:10大倉→9:30堀山の家→天神尾根分岐前で合流!→10:45塔ノ岳山頂
コースタイム3:30 所要時間:2:35 短縮比73.9%

急いで登ったので撮る暇なく
写真ほとんど無し 

【PACK】
Golite Ion

【COOKING】
Snow Peak Titan Single Mug 450
Snow Peak GigaPower Lite Max
Snow Peak GigaPower Fuel 110 ProIso
Bic 100円ライター
MSR Spork

【WEARING】
■行動着
Patagonia Houdini Jacket
patagonia Capilene2 Crew
Finetrack フラッドラッシュスキンメッシュ N/S
Smartwool Arm Warmer

Patagonia Nine Trails Shorts
CW-X

Smartwool PHD ランニングマイクロ
La sportiva Raptor

■雨具
OR Helium Jacket
SHMW Minimalist Pants
MLD eVENT Rain Mitts

■インサレーション
Patagonia Nano Puff Pullover
The North Face E-tip Glove


【替え&就寝用】
patagonia Capilene2 Crew
Smartwool PHD ランニングマイクロ

【MISCELLANEOUS】
SINANO トレランポール13.6

尊仏山荘の主↓
a0125603_101197.jpg

[PR]

by 344kn | 2010-11-22 10:14 |
2010年 11月 14日

11/13-14 雲取山 テントなしテスト山行

a0125603_16274897.jpg


11月13日 9:30鴨沢→11:06堂所→(まき道)→12:00ブナ坂→12:30奥多摩小屋
→設営・昼食→14:20雲取山山頂→奥多摩小屋のテン場へ
山と高原地図 コースタイム:4:25 所用時間:3:00 コースタイム比 67.9%
※奥多摩小屋までの時間

11月14日 5:00出発 7:25鴨沢バス停到着
山と高原地図 コースタイム:2:55 所用時間:2:25 コースタイム比 82.9%


こちらのブログで紹介されていたVBL(vapor barrier liner)に興味を持ち、実験を兼ねての山行。

雲取山の紅葉はもうさすがに終わっていたが、落ち葉のふかふかが気持ちよく歩けた。

本題であるVBLの結果は、最低気温2℃、奥多摩小屋の前のベンチ横でテントなしで就寝。装備は以下。不快な感覚はなく、足先までポカポカと気持ちいい温度だった。(寝袋内:25℃)
普段2〜3℃で以下の装備(VBLなし)で寝たことはあるが、ポカポカ感を感じたことはなかったので効果はあったと思う。引き続き試していきたい。

a0125603_16284866.jpg


家に帰ってVBLに使用したEmergency Bivyを干すため裏返すと中が結構濡れていた。
今までその汗を寝袋が吸っていたことを考えると重量面の効果も大きい。

■寝袋
mont-bell U.L. Spiral Down Hugger #3
mont-bell Breeze Dry-Tec.U.L. Sleeping Bag Cover
Adventure Medical Kits Emergency Bivy
■マット
THERMAREST Neo Air Small
100均 ペラペラmat
Adventure Medical Kits Survival Blanket SMALL

■就寝時のウェア
Finetrack フラッドラッシュスキンメッシュ N/S
Patagonia Capilene2 Crew
Smartwool Arm Warmer
Patagonia R1 Hoody
Patagonia Nano Puff Pullover

Finetrack フラッドラッシュ スキンメッシュボクサー
C3fit パフォーマンスゲイター
Patagonia R1 pant
Finetrack ストームゴージュアルパインパンツ

Smartwool PHD ランニングマイクロ
Possumdown socks

a0125603_16473229.jpg

[PR]

by 344kn | 2010-11-14 17:02 |
2010年 11月 07日

11/5 初トレイルラン(陣馬高原下→高尾山口)

陣馬高原下から高尾山まで初トレイルラン。

2週間前に高校時代からの友人に会って、友人はランニングを趣味に、私は山登りが趣味なので、「じゃあ、間をとってトレイルランに!」ということで行ってきた。

結果は以下。所要時間のうち3ヶ所で計40分ほど休憩した。
トレランであればコースタイム比50%を切りたいところ。次回は休憩時間を減らして目指したい。

11月5日 陣馬高原下→陣馬山→影信山→高尾山→高尾山口

距離17.8km(キョリ測にて) 開始時間 9:30 到着時間13:40 所要時間4:10

山と高原地図 コースタイム:7:20 
所用時間:4:10 コースタイム比 57.1%

カメラを忘れたため写真なし。。。

【PACK】
Patagonia Lightweight Travel Sling

【WEARING】
Patagonia Houdini Jacket
Patagonia Capilene1 S/S Crew
Finetrack フラッドラッシュスキンメッシュ N/S

Patagonia M's Nine Trails Shorts
C3fit パフォーマンスタイツ
Smartwool PHD ランニングマイクロ

Montrail Mountain masochist

【替え】
Patagonia Capilene1 S/S Crew
Patagonia Men's Nano Puff Pullover

【MISCELLANEOUS】
Camelbak Podium Chill Bottle

【反省点】
・タオルを忘れるという致命的ミスを犯したが、陣馬山頂で消防員の防火活動でタオルをもらえるという奇跡が起きた

・自分の足運びが悪いためかマゾヒストはよく滑る

・キャメルバックのポディウムチルは飲みやすく非常に気に入った。しかし保冷については今回感じることができず。継続して要検証
[PR]

by 344kn | 2010-11-07 15:08
2010年 11月 01日

10/30-31 奥秩父(大弛峠→甲武信ヶ岳) 台風のため途中敗退

台風が接近していたのを承知の上でのドM山行。
当初は1泊2日で雲取山まで目指す予定であったが、甲武信であえなくストップ。
奥秩父主脈の稜線は木々が多く雨・風を避けつつ歩けると思っていたが、雨が強く食事が摂りづらい状況。 同行者がシャリバテになり、結果予定を大幅未達であった。
しかし雨の状況で歩いたり泊まったりする機会が少ないので、雨対策について学ぶことが多い有意義な山行であった。

a0125603_13134510.jpg


【PACK】
MLD Exodus
Sea to summit Ultra-Sil Pack Liner 50L
Hiker Sacoche

【SHELTER】
Golite Shangrila-3 (同行者携帯)
Golite Shangrila-3 nest 
Golite Shangrila-3 pole (同行者携帯)
MPI All Weather Blanket (同行者携帯)
Vargo Titanium peg×6 (同行者携帯)

【SLEEPING】
mont-bell U.L. Spiral Down Hugger #3
mont-bell U.L.Comfort System Pillow
THERMAREST Ridge Rest S

【COOKING】
snowpeak チタンシングルマグ450+Hiker's depot 蓋
snowpeak チタンシングルマグ300
snowpeak GigaPower Micro Max
snowpeak GigaPower Fuel 110 ProIso
Bic 100円ライター
MSR Spork

【WEARING】
OR Helium Jacket
patagonia R1 Hoody
patagonia Capilene2 Crew
Finetrack フラッドラッシュスキンメッシュ N/S

SHMW ミニマリストパンツ
Finetrack ストームゴージュアルパインパンツ
C3fit パフォーマンスゲイター
Finetrack フラッドラッシュ スキンメッシュボクサー

patagonia Houdini Jacket
Smartwool アームウォーマー
Smartwool PHD ランニングマイクロ

The North Face E-tip Glove
MLD eVENT Rain Mitts
mont-bell ライトロングスパッツ

La sportiva Raptor

【替え&就寝用】
patagonia Capilene2 Crew
Smartwool PHD ランニングマイクロ
patagonia R1 pant
Possumdown socks

【MISCELLANEOUS】
SINANO トレランポール13.6
etc …

【反省点】
・事前に雨が予測される場合は高機能な雨具にすること
※雨量によるが、超撥水の素材は2~3時間が限界

・レインウェアを着用する際は必ずインナーをパンツにインすること、保温着を濡らさない
※行動中に着ていたR1 Hoody の裾がズブ濡れになり、保温着が減ったためにテント内で寒かった

・手袋の替えは必要

・背中の汗対策は引き続きの課題
[PR]

by 344kn | 2010-11-01 13:17 |